市町村への権限移譲、26%どまり=府省庁回答−地域主権戦略会議(時事通信)

 政府は31日、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)を首相官邸で開き、自公政権下で設置された地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)が都道府県から市町村に権限を移譲するよう法改正すべきだと勧告した384事務に対する各府省庁の回答状況を明らかにした。「勧告通り見直す」「一部見直す」とした回答は99事務で全体の26%にとどまった。都道府県・政令市が持つ公立小・中学校教職員の人事権を中核市(30万人以上)にも認めることなど残りの285項目(74%)は「移譲困難」とし、理由として「市町村の事務処理体制が整っていない」ことなどを挙げている。
 鳩山内閣は、都道府県から市町村への権限移譲について、6月にまとめる「地域主権戦略大綱」に具体的な内容を盛り込んだ上で、来年の通常国会に関連法案を提出する方針。しかし、国から地方への権限移譲を含めて府省庁の抵抗は強く、政権公約である「地域主権」の実現を危ぶむ声も出始めた。 

【関連ニュース】
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
来月の政労トップ会談で調整
主要検討項目に担当主査=地域戦略大綱、6月策定へ
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で

新園長はウミガメ博士 須磨水族園 予備校講師から転身(産経新聞)
<福島消費者相>国民生活センター理事長の適任者なし  (毎日新聞)
<常磐道引きずり死>運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決(毎日新聞)
地震一報時に「映画見てる場合か」 佐藤議員が中井担当相批判(産経新聞)
姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)
[PR]
by bjigwujqca | 2010-04-07 01:01


<< 財政と国民生活「両立が課題」と... 赤坂ゴンドラ落下事故 被疑者不... >>