<小1男児殺害>母親が起訴内容認める 福岡地裁で初公判(毎日新聞)

 福岡市西区で08年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日、福岡地裁(松下潔裁判長)で始まった。被告は起訴内容を全面的に認めた。検察側は「発達障害の息子の暴言・暴力に対する憤まんを爆発させて絞殺した」と動機を述べた。一方、弁護側は「事件当時は心神喪失か心神耗弱状態だった」として、刑事責任能力などを争う姿勢を示した。

 検察側は冒頭陳述で「被告の病気(筋繊維痛症)と息子の病気が事件の背景にある」と指摘。そのうえで「犯行前に(殺害現場となった公衆便所の)便座から起き上がるのを手伝ってもらった際、息子から『くそばばあ、病気のママなんていらん。はやく死んでしまえ』とののしられ、憤まんを爆発させた」と述べた。

 また、責任能力については▽犯行後に遺体を隠した▽息子のGPS機能付きの携帯電話を雑木林に捨て第三者の犯行に見せかけた−−などの隠ぺい工作を指摘し「完全責任能力があった」と主張した。

 一方、弁護側は被告の病歴を詳細に明かし「事件当時は、服用していた抗うつ剤の副作用があった」として「心神喪失か心神耗弱状態で、無罪か刑を減軽すべきだ」と主張した。

 起訴状によると、被告は08年9月18日、西区の小戸公園のトイレで、長男弘輝君(当時6歳)の首をビニールホースで絞めて殺害したとされる。【和田武士、金秀蓮】

 ◇筋繊維痛症と診断

 富石被告は06年、全身に痛みが走る難病「筋繊維痛症」と診断された。また、事件から約1カ月半前の08年8月には適応障害などと診断され、抗うつ剤を処方された。それから約1カ月。被告は服用量を変えるなどしながら飲み続けたが、9月9日に服薬自殺を図り、その9日後に事件は起きた。【和田武士】

静寂の港「油断はできない」=宮城・石巻の漁港−チリ大地震(時事通信)
<防水携帯電話>水害で無線機水没を受け購入(毎日新聞)
<事業仕分け>「7基準」該当は3852法人(毎日新聞)
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」−兵庫県警(時事通信)
商品券、店主が不正換金 東大阪、360万円分使用装う(産経新聞)
[PR]
by bjigwujqca | 2010-03-06 02:43


<< 付属池田小「安全な学校」国際基... 一時金直接支払制度の影響?「黒... >>